男性のフォーマルスーツ(礼服)とは?

フォーマルスーツとは?

    フォーマルスーツ(礼服)とは?
  • 礼装用の洋服
  • 種類は正礼装、準礼装、略礼装がある
  • 男性は背広の上下が基本(日本では黒が一般的)


フォーマルスーツ(礼服)とは?をまとめると以上の通り。

日本ではフォーマル=ブラックの背広のイメージが最も強くなっています。

フォーマルスーツ(礼服)の基本

フォーマルスーツ(礼服)とは、冠婚葬祭に着用する礼装用の洋服
フォーマルウェアとも言われています。

フォーマルスーツや礼服と一まとめに呼ばれることが多いですが、正式には複数の種類があります。


フォーマルスーツ(礼服)の種類

フォーマルスーツ(礼服)とはの解説②は種類について。
種類は、正礼装・準礼装・略礼装があります。

正礼装は、モーニングコート(昼間用)やタキシード(夜間用)。
準礼装は、ディレクターズスーツ(昼間用)やファンシータキシード・スーツ(夜間用)。
略礼装は、ダークスーツ(チャコールグレイや紺)やブラックスーツ。

冠婚葬祭であれば、新郎や主賓、喪主や近親者などが正礼装
それ以外の参加者は略礼装が基本となっています。


日本のフォーマルスーツ(礼服)

フォーマルスーツ(礼服)とはの解説③は日本の常識について。
海外ではフォーマルと言えば、ダークスーツ(チャコールグレイや紺)が基本ですが、日本ではブラック。

無地の黒の上下の背広が基本となります。
結婚式などの慶事には白やシルバーグレーのネクタイを。

葬式などの弔事には黒ネクタイを着用します。
また、同じ無地の黒ということでビジネスのものを代用する人もいますが、ビジネスの物とフォーマルの物では黒の濃さが違うので注意が必要。

そのため、ビジネスのものを着て、周りが礼服ばかりだと、一人浮いてしまうことも。
恥をかきたくないのであれば、専用のものを一つ持っておくことをおすすめします。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ