男性の通夜・葬儀・告別式の服装の基本

通夜・葬儀・告別式

    男性の基本的な服装
  • 無地のブラックスーツ
  • 黒ネクタイ
  • 白ワイシャツ
  • 黒ベルト(バックルが目立たないタイプ)
  • 黒シューズ、靴下


男性の通夜・葬儀・告別式の服装の基本をまとめると以上の通り。
通夜・葬儀・告別式で若干違いますが、この形であれば、喪服としてまず問題はありません。

通夜の場合は注意する

男性の通夜・葬儀・告別式の服装の基本形は以上の通りですが、通夜の場合は注意が必要。
なぜなら、基本通夜は訃報を聞いて、急いで駆けつけたという形になるからです。

そんな状態でキッチリとした喪服を着ていると、亡くなる想定して、あらかじめ準備していたといった印象を与えかねません。
そのため、通夜の場合は、喪服でなくても、地味な服装であれば問題ありません

ただし、現在では通夜のみの弔問で済ませる形もあるので、その場合は喪服が基本となります。


基本の服装は黒が基調

男性の通夜・葬儀・告別式の服装は、基本的に黒が基調となります。
スーツ・ネクタイ・シューズ・靴下と、ワイシャツ以外は黒が基本です。

もしも、持っていない場合は、グレーや紺などの地味な色を選ぶようにしましょう。
学生であれば制服、社会人で最悪スーツを持っていない場合は、黒を基調とした地味な服装を心掛けるようにしましょう。

また、スーツやネクタイは無地の黒、ベルトやシューズ、靴下も黒一色のものが基本となります(ワイシャツは白の無地)
ベルトはバックルが目立たないもの、シューズはストレートチップやプレーントゥなどのフォーマル度が高いものをチョイスするようにしましょう。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ