結婚式にお呼ばれ時の男性スーツ着こなしの基本

結婚式

    結婚式時の男性スーツの着こなし基本
  • お手軽に済ますならブラックスーツ
  • ネクタイは正確には白ではなくシルバーグレー
  • モーニングコート&タキシードが一番の礼服


結婚式にお呼ばれ時の男性スーツ着こなしの基本をまとめると以上の通り。

一番オーソドックスな形はブラックスーツに各アイテムを合わせていく形になります。
ネクタイは正確には白ではなく、シルバーグレーになります。

オーソドックススタイル

結婚式にお呼ばれ時の男性スーツ着こなしの基本①は、オーソドックススタイルについて。
簡単にオーソドックスに済ませたいのであれば、ブラックスーツに各アイテムをコーディネートする方法。

参加男性のほとんどがこのスタイルのはずです。
詳しく解説すると、ブラックスーツ・白ワイシャツ・シルバーグレー・黒ベルト・黒革靴・黒無地のソックスという形になります。

さらにキッチリするのなら、ズボンの裾はダブルではなくシングル。
靴はひも付きのプレーントウ(プレーントゥ)かストレートになります。


年代によってスタイルが違う

結婚式にお呼ばれ時の男性スーツ着こなしの基本②は、年代別のスタイルについて。
通常のスーツスタイルでもそうですが、結婚式でも世代間の意識の違いは意外と大きいようです。

特に20代~30代の若い世代と、40代以降の世代に意識の違いが見られます。
基本のブラックスーツは同じですが、20代~30代はシングルのブラックスーツなのに対し、40代以降ではダブル。

また、白ネクタイ必須と考えるのは40代以降に非常に多いようです。
ちなみにこの世代でも、白ではなく正確にはシルバーグレーと知っている人は少ないようです。

若い世代に関しては、黒以外なら、ワイシャツも白でなくても平気と考える人も多いようです。
この辺りは出席者の傾向に合わせておけば問題ありません。

他の出席者がよく分からない、老若男女幅広い世代が揃っている場合などは、オーソドックススタイルにしておく方が無難でしょう。


モーニングコート&タキシードが一番の礼服

結婚式にお呼ばれ時の男性スーツ着こなしの基本③は、モーニングコート&タキシードについて。
結婚式などでの一番の礼服がモーニングコート&タキシードです。

ちなみに昼間に式が行われる場合はモーニングコート。
夜(夕方以降)に行われる場合はタキシードを着用するのが基本です。

日本では着用する人は少ないので、個性を出したいのであれば、こういった装いをしてみましょう。
ただし、主役は新郎ですから新郎よりも目立つのはマナー違反

そのため、着用する場合は新郎の格好とのバランスも考えないといけません。
そういった意味では、なかなか使いづらいアイテムでもあります。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ