ビジネススーツの基本の色&カラー

ビジネススーツの色

    ビジネススーツの基本色&カラー
  • ネイビー系
  • グレー系
  • ブラック系


ビジネススーツの基本的な色&カラーは以上の通り。

基本はこの3パターンの中で、色の濃さや明るさなどに変化つけるだけで十分
また、ワイシャツやネクタイに変化を加えるだけでも、ガラリと印象を変えることは可能です。

その他の応用カラーとしては、ベージュ系やブラウン系などが挙げられます。
ただし、基本系以外は使い方が難しいので注意しましょう。

さらに、会社や人によってはそういった色自体がNGのところも。
あまりスーツに手間暇をかけたくないのであれば、基本系のみで揃えていきましょう。


・ネイビー系
ビジネス=黒と考える人も多いですが、実はネイビー(紺)の方が主流です。
だからこそ、1着は必ず持っておきたいところ。

明るい色よりもダークカラーの方がフォーマル度が強くなります。
特に無地はその最高峰。

無地以外ではストライプが現在の主流です。
応用編として、ネイビー系を少し明るくしたようなブルー系がおすすめ。
青は知性や冷静を感じさせるビジネスに最適なカラーです。


・グレー系
こちらも仕事の定番カラー。
一時期ライトグレーのジャケットが流行ったのをキッカケに、スーツ業界でもライトグレー株が急上昇しました。

ライトグレー以外では、チャコールグレーなども人気。
また、ストライプが一番映えるという意見も多いカラーです。


・ブラック系
ビジネス以外にも様々な場面で使えるのが黒。
ただし、フォーマルや礼服のイメージが強いので、中高年層の中には抵抗を持つ人も少なくありません。

逆に若い世代では着用している人が多く、3つの中でも一番人気なのがブラックです。
フォーマルや礼服感を出し過ぎないように、シンプルな漆黒のスーツは避けた方がベター。
色に若干変化があるもの、もしくはストライプなどの模様が入ったものを選ぶようにしましょう。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ