メンズ財布の主な皮革(ひかく)の種類

財布の皮革

    財布の主な皮革の種類
  • 牛革
  • 馬革
  • 豚革
  • 羊革
  • 爬虫類
  • その他


メンズ財布に使われている皮革(ひかく)をまとめると以上の通り。
ここでは、それぞれの概要を簡単に紹介します。

それぞれの詳しい情報に関しては個別ページを参照してください。
まだ用意されていないページも、これから順次作成していく予定です。


牛革

最も一般的な種類。
メンズ財布に使われている皮革で最大シェアを誇ります。
有名な種類では、カーフスキンやキップスキン、ブライドルレザーなどが挙げられます。


馬革

こちらもメンズ財布では有名種類。
希少性が高く、近年では高級アイテムとなりつつあります。
有名なのは、コードバン
革のダイヤモンドと呼ばれる稀少な素材です。


豚革

非常に柔らかいものも、固く半透明のものも作れる汎用性が魅力。
知らない人も多いですが、意外と牛革の次によく使われている皮革です。
とはいえ、レディースに比べるとメンズでは少なめ。
唯一国内供給が可能な素材で、海外にも多く輸出されています。
有名なのは、ピッグスキン。


羊革

羊の他にも山羊革も存在します。
柔らかいの共通の特徴ですが、山羊の方が強くやや硬い傾向にあります。
有名なのは、羊ではシープスキンやラムスキン。
山羊では、ゴートスキンやキッドスキンが挙げられます。


爬虫類

ワニやヘビが一般的です。
他にはトカゲなども使われています。
一番有名なワニ革には、クロコダイル種とアリゲーター種があります。
最上級のクロコダイルやアリゲーターが有名です。


その他

その他では、ウサギや鹿、バッファローやカンガルーなどが使用されています。
その他にも、サメやエイなどの魚類なども。
この辺りはあまり一般的ではないので、当然使っているアイテムも少なくなっています。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ