財布でよく言われる風水情報一覧

風水情報

    風水情報一覧
  • 形、カラー、素材
  • 扱い方
  • 中身
  • 置き場所
  • 購入時期&使い始め


財布でよく言われる風水情報をまとめると以上の通り。
あまり神経質になりすぎるのはよくありませんが、出来る部分は実践しておいて損はありません。

特に中身や置き場所など、財布を大切に扱う習慣は積極的に実践したいところ。
丁寧に扱うことは、風水などの金運だけでなく、ファッション的にも大切な部分ですから。


形・カラー・素材

財布でよく言われる風水情報①は、形・カラー・素材などの外見部分について。
形はお札を折り曲げずに入れることが出来る長財布が良いと言われています。

折り曲げるという行為は、お札を大切に扱っていないという行為にも繋がるからです。
カラーは金運アップの『ゴールド&黄色』、お金を守る『黒色』、浄化作用がある『白色』などが良いと言われています。

逆に避けた方が良いと言われているのが、衝動買いなどを促す『赤色』、お金を流す『青色』などです。
とはいえ、ゴールドはデザイン的に使いづらいですし、赤や青の財布を持っているお金持ちも多くいます。

色に関しては、デザイン重視であくまでその中で可能であれば、といった程度でいいかなと思います。
素材で良いと言われているのは革製。

なかでも本革が一番良いと言われています。
逆に避けたいのが布製です。


扱い方・中身・置き場所

財布でよく言われる風水情報②は、扱い方・中身・置き場所などについて。
扱い方は丁寧に。

ズボンの後ろポケットなどに入れず、鞄などに入れて持ち歩くのが基本。
また、ケアは週に1度は乾いた布で拭くぐらいはしたいところです。

中身は整理整頓を行い、レシートなどは入れない、カード&小銭は入れ過ぎないが基本。
また、子供&ペットの写真、赤い色のものは入れない方がよいと言われています。

財布を休ませるためにも、置き場所は机の中など、あまり人の目に触れずにゆっくり出来るところが基本。
また、財布を休ませる行為は、品質を保つ上でも重要な要素です。


購入時期&使い始め

財布でよく言われる風水情報③は、購入時期&使い始めについて。
購入時期は、春と年末が良いと言われています。

春は『張る財布』、年末は『締め財布』と言われ、縁起が良いためと言われています。
使い始めは財布に入れる金額を多くした方が良いとも言われています。

これは財布は最初に入れた金額を記憶し、それに合わせてお金を呼び込むから。
また、革によってはそのままだと傷つきやすいものもあるので、使い始めはクリームやワックスを塗るなど、ケアにはいつも以上に気をつけましょう。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ