間違いが多いメンズ長財布の持ち方

メンズ長財布持ち方

    長財布の持ち方
  • 基本は鞄に入れる
  • スーツやジャケットの胸ポケットもOK
  • ズボンのポケットはNG


メンズ長財布の持ち方をまとめると以上の通り。

お洒落的にも傷みを避けるためにも、正しい持ち歩き方をしたいものです。


基本は鞄に入れる

メンズ長財布の持ち方①は、鞄などに入れること。
これは基本中の基本です。

プライベートであれば、カジュアルバッグなどで。
仕事時であれば、ビジネス鞄などに入れるようにしましょう。

特にカジュアルスタイルの場合、バッグを持ち歩くのを嫌がる男性も多いですが、ファッション的にも財布を綺麗に保ち、長持ちさせるためにも、是非持ち歩いて欲しいところ。
お洒落のために一手間かけましょう。


胸ポケット

メンズ長財布の持ち方②は、胸ポケットに入れる。
スーツやジャケットなど、胸ポケットがある服装の場合、このやり方もOKです。

ビジネスの昼食時など、ちょっとした外出で鞄を持ち歩きたくない時などにこのスタイルは便利です。
また、プライベート時にカバンを持ち歩きたくない人であれば、胸ポケットがあるジャケットなどを積極的に取り入れていきましょう。

ちなみに休日のジャケットスタイルを嫌がる男性も多いですが、ジャケットは周りの評判、特に女性ウケが良いアイテムです。
色々な面でメリットが多い定番アイテムということを覚えておきましょう。


ズボン(パンツ)のポケットはNG

メンズ長財布の持ち方③は、手で持ち運ぶ
ランチ時のOLがよくやっているあのスタイルです。

男性であの姿を恥ずかしいと思う人もいますが、男性でも特におかしくはありません。
ジャケットを羽織らないクールビズの時など、男性でもそうしている人は多いですから。

逆に絶対に避けたいのは、スーツのパンツのポケットに入れること。
スラックスなどのパンツのポケットは、もともと財布などの大きなアイテムを入れるようには出来ていません。

そのため、入れるとパンツのラインが崩れてオシャレではありませんし、何よりその部分だけ傷みが早くなります。
また、無理なところに捻じ込むため財布にもダメージがあります。

もちろん、カジュアル時のジーンズなどでもそれは同じです。
若い世代に多いですが、ジーンズの後ろポケットに長財布を入れている姿はあまりお洒落ではありません。(特に女性ウケは非常に悪いです)

さらに、落としやすい&スリに合いやすいというデメリットも。
オシャレ的にも金銭的にも、ズボンや財布の寿命を縮めないためにも、ズボンのポケットに入れるぐらいなら手で持ち運びましょう。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ