ブライドルレザー財布のエイジング(経年変化)の特徴

ブライドルレザー財布エイジング

    ブライドルレザー財布のエイジング(経年変化)の特徴
  • ブルーム(白い粉)がなくなってくる
  • 光沢感、色や深みが増す
  • じっくりと時間をかけて変化する


ブライドルレザー財布のエイジング(経年変化)の特徴①は、ブルームと呼ばれる白い粉が使っているうちに馴染み、なくなってくるところから始まります。

このブルームが革に馴染むことで、独特の艶やかさや光沢感などの変化を楽しむことができます。
どうしてもブルームが気になる場合は、柔らかい布で乾拭きしてあげましょう。

自然に馴染ませるのが理想的ですが、この方法でも特に問題ありません。
商品によってブルームの量は、非常に多いものから非常に少ないもので大きく差があります。

そのため、多すぎる、または少なすぎると慌てないようにしましょう。
購入前に事前にチェックしておくと安心です。


ブライドルレザー財布のエイジング(経年変化)の特徴②は、光沢感や艶、色や深みが増してくること。
使い続けている内に、革が柔らかくなって手に馴染んできます。

この辺りから光沢感・艶・色などが深みを増して味が出てきます。
使い込むほどに味が出る財布と言われているのは、この辺りが理由です。

様々な表情を見せてくれるため、長く愛用すればするほど、あなた色に染まっていきます
世界に一つだけのあなただけの財布を完成させてあげましょう。


ブライドルレザー財布のエイジング(経年変化)の特徴③は、じっくり時間をかけて変化すること。
ブライドルレザーは他の皮革と比べると、エイジングのスピードが遅くなっています。

ただし、スピードが遅い分、その美しさには定評があります。
その美しい経年変化を楽しみたいのであれば、じっくりと愛用し続けてあげましょう。

もちろん、ケアやメンテナンスも欠かせません。
元々が丈夫な革とはいえ、キズには気をつけたいところ。

また、革の弱点でもある水分には弱いため、雨の日は気をつけましょう。
ケアの基本は柔らかい布の乾拭きだけで問題ありません。

ただし、表面にかさつきが出てきたら、皮革用クリームなどで油分を補給してあげましょう。
丁寧に扱ってあげれば、それにしっかりと応えてくれるのがブライドルレザーの魅力です。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ