FARO(ファーロ)メンズ財布の特徴&魅力

日本ブランド

    FAROメンズ財布の特徴&魅力
  • 職人技術にこだわった日本ブランド
  • 価格帯は1万円~23万円程度
  • デザインは機能美を追求した形


FARO(ファーロ)メンズ財布の特徴&魅力などの評価をまとめると以上の通り。

あまり知名度は高くありませんが、品質&機能性の高さは本物。
また、日本職人の技術にこだわったブランドの中では、個性的なカラーが多いのも特徴の一つです。


FARO(ファーロ)とは?

FARO(ファーロ)メンズ財布の特徴&魅力などの評価①は、そのルーツについて。
ファーロとは、株式会社セルツリミテッドが立ち上げた革ブランド。

日本職人との長い交渉の末、やっと実現できたブランドです。
財布以外にもバッグやカードケースなども扱っています。

『世界に誇れるクオリティーを日本から発信したい』というコンセプトの元、素材選びから作業工程まで徹底して品質へのこだわりが感じられます。
また、品質だけでなく、機能美を追求している点もこのブランドの魅力の一つです。


価格帯

FARO(ファーロ)メンズ財布の特徴&魅力などの評価②は、価格帯について。
価格帯は1万円~23万円程度。

使われている素材が違うCALF(カーフ)・CORDOVAN(コードバン)・LIZARD(リザード)・CROCODILE(クロコダイル)など、それぞれのシリーズによって価格が違ってきます。

メインどころのカーフやコードバンのみであれば、価格帯は1万円~4万円程度
品質や機能性重視で考えるのであれば、決して高い価格帯ではありません。


デザイン

FARO(ファーロ)メンズ財布の特徴&魅力などの評価③は、デザインについて。
デザインはベーシックなものをメインに、そこに機能美を加えた形となっています。

機能美は様々な部分にふんだんに盛り込まれていますが、それが一番分かりやすいのが財布の薄さ
特に長財布の薄さは芸術的です。

カードが多めでも抜群の薄さを実現してくれます。(小銭が多くなるとさすがに難しいですが)
また、黒や茶などのベーシックなカラー以外にも、カラフルな色が多いのも魅力。

商品によってカラー数は異なりますが、基本的に多くの色が用意されています。
なかには他のブランドではなかなか見られないような変わったカラーも。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ