ホワイトハウスコックス メンズ財布のメリット&デメリット評価

ホワイトハウスコックス

    ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)のメリット評価
  • 英国御三家の一つの老舗ブランド
  • ブライドルレザーシリーズが特に有名
  • 非常に手間と時間をかけた高品質レザー
  • 形は3つ折りが人気
  • 英国調の洗練されたデザイン


ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)メンズ財布の最大のメリット評価は、英国を代表するレザーブランドという点。

グレンロイヤルエッティンガーと共に、王室御用達の英国御三家の一つにも数えられる老舗ブランド。
英国の伝統と気品をしっかりと守り、さらに進化させることも忘れていません。

なかでも有名なのが、ブライドルレザーシリーズ。
非常に手間と時間をかけて造り上げられる高品質レザーです。

強い耐久性と独特の艶や光沢感から、コードバンと並んで非常に人気の高い革。
その革から生み出される財布の美しさや品質の高さが、日本でも不動の定番ブランドとしての地位を築いています。

その中でも人気の形が3つ折り。
英国調の洗練されたデザインも合わさって、日本ブランドにはない独特の魅力を醸し出しています。

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)メンズ財布のデメリット評価

ホワイトハウスコックス2

    ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)のデメリット評価
  • 定番ブランド過ぎる
  • 3つ折り以外のデザイン
  • 日本ブランドと比べて


ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)メンズ財布のデメリット評価は、定番ブランド過ぎるという点。

日本では、ビームスユナイテッドアローズなどの大手セレクトショップやデパートで扱われているため、非常に入手しやすい環境にあります。
そのため、持っている人が多いという特徴が。

また、特徴的なデザインや形のアイテムが多い3つ折りに対し、長財布やロングウォレットなどは抑え目。
そのシンプルさが良いという意見もありますが、逆に個性がなくなっている層も。

他にも、品質面は日本ブランド(品質で勝負してしているところ)に劣るといった意見も見られます。

各評価のまとめ

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)メンズ財布の評価をまとめると、ブライドルレザーの魅力の一言に尽きます。

独特の艶や光沢感、触り心地などは一般的なレザーのカーフ(牛革)とはまるで違います。
また、財布の内側と外側でカラーが違うなどの海外ブランドならではのデザインも魅力的です。

特に3つ折りにその特徴が強く出ていて、日本ブランドではなかなか見られないアイテムとなっています。

とはいえ、価格はそこそこするので、ブライドルレザーをもっと安い価格帯で入手したいのであれば、グレンチェックがおすすめ。
ブランドの知名度は低いですが、ブライドルレザーの品質は本物です。

また、さらに品質を追求したいのであれば、ココマイスターキプリスなどの日本ブランドがおすすめ。
価格帯もそれほど変わりません。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ