ファーロ(FARO)メンズ財布のメリット&デメリット評価

ファーロメンズ財布

    ファーロ(FARO)メンズ財布のメリット評価
  • 日本が世界に誇る職人たちが作り出す
  • 日本で昔から受け継がれる高い伝統技法を駆使
  • 極上のレザーだけを使用
  • 素材の良さをそのまま活かしたシンプルなデザイン
  • メイド・イン・ジャパンの真骨頂のクオリティ


ファーロ(FARO)メンズ財布の最大のメリット評価は、メイド・イン・ジャパンの真骨頂とも言われるクオリティの高さという点。
熟練職人が伝統技法などの技術を駆使&極上のレザーのみを使用し、高品質のアイテムを作り出しています。

最大の特徴は水染めと呼ばれる技。
職人の勘で何度も繰り返し染める日本の伝統的な技法を用いて、透明感のある独特な色を作り出しています。

メンズ財布の定番カラーであるブラックなどを他ブランドと比べれば、その独特の美しさや高級感の違いが分かります。
デザインは素材の良さをそのまま活かしたシンプルなものがメインとなっています。

ファーロ(FARO)メンズ財布のデメリット評価

ファーロメンズ財布2

    ファーロ(FARO)メンズ財布のデメリット評価
  • デザインに遊びが少ない
  • 価格帯が高め
  • 一般的な知名度が低め


ファーロ(FARO)メンズ財布のデメリット評価は、デザインに遊びが少ないという点。
シンプルなデザインがメインということもあり、遊びや個性が欲しい層には物足りないかもしれません。

また、品質に高さに比べると価格はリーズナブルですが、それでも低価格帯がウリの商品に比べると価格は高め。
他には、ブランドとしての知名度やステータスは財布ファンからは高いですが、たいして興味がない一般層からは、ヴィトンやグッチなどの有名ブランドと比べると低めとなっています。

各評価のまとめ

ファーロ(FARO)の評価をまとめると、職人にこだわった日本ブランドの品質の高さという一言に尽きます。
一番の条件に品質の高さを求めるのであれば、候補に入れておきたいブランド。

品質と価格のバランスも非常に良くなっていますから。
逆に財布にステータスや遊び心があるデザインを求めるのであれば、その他のブランドを検討しましょう。

ステータスであれば、エルメス・ヴィトン・グッチなど。
また、知名度が高い割に価格も安いオロビアンコなどもおすすめです。

同じ品質が高く、デザインに遊びもある日本ブランドであれば、ココマイスターワイルドスワンズなどはデザインに個性もあっておすすめです。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ