50代のメンズカジュアルファッションコーデの基本

40dai

50代コーデの基本ポイント
・ファッションを楽しむ
・ときには思い切る
・アイテムは良質なものを


50代のメンズカジュアルファッションコーデ(コーディネート)の基本ポイント①は、ファッションを楽しむこと。

どんなことにも共通することですが、時間が経って慣れてくると、興味が低下し単調になりがち
そういった状況を打破するためにも、まずは楽しむ気持ちをもちましょう。

楽しむことで心に余裕が生まれ、服装に遊び心などが加わります。
今までとはまた違ったコーディネートにチャレンジしてみましょう。


50代のメンズカジュアルファッションコーデの基本ポイント②は、ときには思い切ること。
年齢を重ねたからと言って、別に服装を地味にする必要などはありません。

地味にし過ぎると、逆にさらに年寄りくさく見えてしまうもの。
イメージをガラリと変えるつもりで、ときには思い切ったファッションにもチャレンジしてみましょう。

そういったことを行うことで、気持ちは若く保たれるもの。
例えそれが周りから不評だったとしても、失敗も心の刺激となります。

今であれば、ちょいわるおやじを取り入れるのが良いかもしれません。
ちなみに『ちょいわるおやじ』とは、不良がかった中年男性(おやじ)のファッションのことを指します。

不良がかったと言っても、ヤンキーのような服装をするわけではなく、異性のウケが良い、イタリアのおしゃれな中年男性を手本としたコンサバファッションがベースとなっています。


50代のメンズカジュアルファッションコーデの基本ポイント③は、アイテムは良質なものを選ぶこと。
これは30代40代のコーディネートのページでも解説したことですが、50代はさらに重要となります。

ファッションにかける年間の金額は、年齢×1万円とも言われるように、年齢が上がるごとに周りからの目が厳しくなるもの。
簡単に言えば、10代や20代では許されるような質の悪いアイテムは、50代ではダサい、またはケチくさいと思われがちなのです。

だからこそ、おしゃれに気を使うならアイテムの質にもしっかりとこだわっていきましょう。
50代ともなれば、出来れば有名ブランド物のアイテムを一点ぐらいは持っておきたいところです。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ