メンズ版:ジーンズ(デニムパンツ)ロールアップのやり方

ジーンズロールアップ

    ロールアップのやり方&折り方のポイント
  • 短すぎず、長すぎず
  • くるぶし前後がライン
  • ロールアップする幅は3cm~4cm程度
  • 靴下は靴に合わせる


メンズのジーンズ(デニムパンツ)ロールアップのやり方&折り方をまとめると以上の通り。

特に決まった形はありませんが、最近の流行を目安として解説していきます。

ロールアップ後のパンツ(ズボン)の長さ

ジーンズ(デニムパンツ)ロールアップのやり方&折り方①は、ロールアップ後のズボンの長さについて。
現在の流行の目安としては、短すぎず、長すぎずがポイント。

具体的には、くるぶし前後がラインとなっているようです。
くるぶしの真ん中を中間点とし、そこからファッション系統や履く靴の種類、個人の体型に合わせて上下させるのがポイントです。

自分で調整でするのが難しいようであれば、くるぶしの中間辺り、もしくは少し下辺りに設定しましょう。
ジーンズの場合、あまり上げ過ぎないスタイルの方が多くなっています。


ロールアップする幅

ジーンズ(デニムパンツ)ロールアップのやり方&折り方②は、ロールアップする幅について。
幅も特に決まりはありませんが、最近の流行で多いのは3cm~4cm程度。

巻く回数は特に決まっておらず、元のジーンズの長さによって変化させるのが主流です。
そのため、元の長さにあまり余裕なければ、1回でも問題ありません。


靴下は靴に合わせる

ジーンズ(デニムパンツ)ロールアップのやり方&折り方③は、靴下について。
ロールアップする場合、靴下は履かない、または履いても靴から見えない短いものというイメージを持っている人も多いようですが、別にそんなことはありません。

靴下に関しては、履く靴に合わせるのが主流です。
デッキシューズやローファーなどのスリップオン型の靴やロータイプのスニーカーの場合は靴下履かない、または見せない。

その他の革靴やシューズの場合、見える靴下を履いても問題はありません。(見せないのもアリ)
見える靴下を履く場合は、ロールアップは控えめにするのがポイントです。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ