ポーター(PORTER)バッグ・リュックのメリット&デメリット評価

ポーターバッグ

    ポーター(PORTER)のメリット評価
  • メイド・イン・ジャパンの品質にこだわったブランド
  • 一針入魂の基本理念
  • 非常に種類が豊富
  • カジュアル系のアイテムが特に充実
  • 価格がリーズナブル


ポーター(PORTER)メンズバッグ・リュックの最大のメリット評価は、メイド・イン・ジャパンの品質にこだわったブランドという点。

日本ブランドの中では歴史が古く、メイド・イン・ジャパンの先駆け的な存在と言われています。
現在では国内だけでなく、海外にも通用する日本ブランドとしての地位を確立しています。

基本理念は一針入魂。
鞄職人が一針一針丁寧に縫い合わせ、手を抜かずに最後まで仕上げる品質の高さが支持され続けています。

アイテムはビジネスバッグはもちろん、ショルダー・トート・ボストン・リュックサックなど、カジュアル系のアイテムが特に充実しています。
また、どれも非常に種類が充実しているのもこのブランドの魅力です。

ポーター(PORTER)メンズバッグ・リュックのデメリット評価

ポーターバッグ2

    ポーター(PORTER)のデメリット評価
  • 持っている人が多い
  • 若年層向きのデザインが多い
  • 高品質日本ブランドと比べると


ポーター(PORTER)メンズバッグ・リュックのデメリット評価は、持っている人が多いという点。

ブランドの歴史が古く、人気定番ブランドとして長く定着しているため、やはり他と比べると持っている人が多い傾向にあります。
被りたくない人やオンリー性を求める人には、ここはかなりのネックでしょう。

また、リーズナブルでカジュアルなアイテムが多いためか、デザインは若年層向きのものがメインとなっています。
そのため、大人感や高級感が欲しい人にも辛いところでしょう。

他には、品質はたしかに良いですが、アニアリココマイスターなどの品質に徹底的にこだわっているところに比べるとイマイチという意見も。
その分、こういったところは価格も高いですが。

各評価のまとめ

ポーター(PORTER)メンズバッグ・リュックの評価をまとめると、日本定番ブランドの安心感の一言に尽きます。

長く支持され続けてきた日本ブランドですから、その品質の高さは本物。
国内だけでなく、海外でもメイド・イン・ジャパン製品として支持されているわけですから。

また、カジュアルアイテムは若年層を中心にそのデザインも人気。
リーズナブルな価格帯ということもあって、利用者は非常に多くなっています。

逆にネックはその利用者の多さ。
さらに、最高レベルの品質や大人が使うアイテムとしての格が欲しい層は不満を感じるようです。

そういった場合は、上記で紹介したアニアリやココマイスターを覗いてみましょう。

気に入ったら、シェアして頂けるとうれしいです☆

fb hatena rss

注目のお得情報♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ